読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anonymoUS

found by U

SYNCHRONICITY’16 –Autumn Party!!- People In The Pox × ART-SCHOOL @duo MUSIC EXCHANGE (2016.11.16.)

ART-SCHOOL

木下「多幸感でいっぱい」「あーっ 幸せだなーっ」

喉のポリープ治療で使ってるステロイドのせいで、理樹さんが「多幸感でいっぱい」になっていた。ほんのりとドラッグ感が漂い、普段の刹那的な脆さとは違った方向性で危うげだった。とでぃがMCで言ってたけど、ステロイドは、現実とはかけ離れた幸多感・不眠・毛深くなる(謎)といった副作用があるらしい。ふわふわの状態でライブしてたってことみたい。LOST IN THE AIRエフェクター踏み替えも、よいしょって感じで若干間延びしてたのはお愛想。夜の子供たち、シカゴやってくれて歓喜

▼スカーレットの入りを間違えた戸高氏
戸「すごいイントロ似た曲があって…(動揺してる)」→コードを押さえ、一回一回うなずきながら弾き、確認する
戸「初めてだよこんなの」
木「俺もトディが間違えるの初めてだよ(驚)」
お客さん「ザワザワ(驚)」
戸「あー…ほんとすいません…」(こんなの失格だ…恥だ…感がにじみ出てる)
木「大丈夫!!トディ大丈夫!!」

▼スピーカー(アンプ?)から変な音が
単調なハウってるような音がする→ローディーさん登場、理樹さんのところへ
戸「何かあるとすぐ疑われる木下理樹
お客さん「www」
戸「ローディーさんすぐ理樹さんのとこ行きましたからね」
木「機材トラブルが…っ」

▼Peopleとの思い出
木「ピープルとはトディの方が付き合い長いよね」
戸「アートやる前から付き合いある。もうずっとロック続けてるんだなと思うと誇らしい(的なことを話してた)」
木「…ピープル良い曲多くて嫌になるね。」

▼もっと盛り上がってほしい
木「(ライブで)燃え尽きた魂を(僕たちが)返しますので、あっ…暴れっ…て(噛)」
戸「こんなんで燃え尽きる魂ですか!?」
お客さん「www」
木「(手を大きく二回叩いて大ウケ)」


People In The Box 

ライブ見るのは初めてだった。大きく残った印象は「隙が無い」ということ。波多野さんの人柄とか、演奏もそうだけど、作り込まれた脚本の舞台を見ているような完成度の高さだった。真っ白な絵の具で世界を殺菌するようにすべてを塗り替えていく。彼らがキャンバスに物語を描き、ひとつの世界を創造していく場面に立ち会い、感覚が麻痺したようだった。あと波多野さん、めっちゃ華奢。

▼「多幸感でいっぱい」についてのコメント
波「現実離れした幸福感、とは(ニヒルな笑み)」
 「そりゃ現実離れした幸福感だったら眠れなくなりますよね。」

▼今日のイベントに関して
波「まったくタイプの違う力士同士の取り組み」
 「今日の試合、けっこう良かったんじゃないですか?」
 「普通だったら、どっちかがお願いするから『ありがとうございます~(手を合わせてスリスリする動作)』ってなっちゃうけど」
※今回の対バンは、シンクロニシティというイベント企画なので、バンド同士に呼んだ・呼ばれたの関係は無い、ということを踏まえたMC

▼理樹さんとの思い出
波「理樹さんとはよく会ってるので彼に対しては新鮮味はないですけど(断言)」
~以前、波多野さんと理樹さん、sleepy.abの成山さんで飲んでた時のエピソード
波多野さん、「○○(何かバンド名?)の話をしておいて」って理樹さんに頼んで席を立つ→帰ってきたら成山さんの目が真っ赤→理樹さんが目潰ししてる→波多野さん、止めようとする→自分まで目つぶしされそうになる→横に理樹さんを投げ出して回避
波「(この件について)覚えてる?って聞くと、(理樹さんは)『覚えてない』って言うんです。でもお酒飲んでる時には『酔ってない』って言うんですよね。」