読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anonymoUS

found by U

tacica tour 2016 “&rooms” @静岡UMBER

tacica ライブ記録

 

 

【セトリをにおわせる表現が出てきます。ツアー未参加の方はご注意ください。】

 

tacica tour 2016 “&rooms” @静岡UMBER 行ってきた。tacicaさん、大好きです!!!!!

そして静岡UMBER、小ささ&見やすさが半端ない。あなたの好きなバンドがここに来ることがあったら、ぜひ。幸せをお約束しましょう。

さて。アルバムHEAD ROOMSを引っ提げての今ツアー、セトリは、アルバム曲を中心に組まれていました。加えて比較的新しい曲と、しっとり聞かせるレア曲がミックスされていた印象。意外だったのは、アンコールの形式。まさか弾き語っていただけるとは.....涙 一曲目は驚きの選曲。ふわふわ。からの、二曲目。この流れ、完全に涙腺クラッシャーだった。今ツアーの個人的ハイライト。

今のtacicaは以前と比べたら穏やかな一面も見せつつ、相変わらずの芯の強さと熱量。熟してるなぁと感じてます。ツアーではお馴染みの、疾走感あふれる昔の曲たちがセトリから外されてるほど、今回のアルバム曲が衝動に満ちてる。そして、優しいレア曲たちがひょっこり現れて、ニンマリ顔が止まりませんでした。歓喜した。

あとMCの後に闇深い曲をぶち込んでくる、それが、良い\(^o^)/ 一言だけ「よろしく」って言う、言葉少ないMCもSUKI。あと、「また来るよ」って言ってくれたのが嬉しかった。「また来てね」じゃなくて。

tacicaのライブは日常を持ち込んでもよいと思ってる。ライブ見るってのはハレの日なんだけど、日々の出来事を全部忘れなくていい。辛いことが歌詞に引っ張られて出てくるから、ライブ見てても日常を思い出す瞬間がある。だけど、ライブ後、その辛いことが少し軽くなるし、いつの間にか充電されて、内側から力が満ちてくる。tacicaのライブはすり減ったものを取り戻すためにあると、思っています。

あと、狩人と獣の間に流れる緊張感、そんな言葉が浮かんでくるのがtacicaのライブ。命と真正面に向き合う時間。身じろぎできない瞬間。言葉で、音で、射止められるのです。

本当に続けてくれてありがとうございます。いつまでたっても鳴り止まないでね。

【MCとか ※言い回しはうろ覚え】

〜ご当地〜

「みんな『さわやか』には行った?....(会場を見回す)....tacicaです」

静岡市、に来るのは初めてかな」

「浜松と対立とかしてるの?(微笑)」←わかる 

〜バンドの今〜

「ライブが楽しくて」

「ツアー楽しく回ってます、みんなのおかげです、ありがとう。(一息で)」

「....まだバンドやれるなって思いました」

「また曲を作って、録音して、CD出して、ツアーもあると思うから。よろしく」

〜グッズ紹介〜

猪狩さんがグッズ紹介飛ばそうとする→誰も止めない→お客さん「\ザワザワ/」→猪狩さんニヤニヤ→お客さん「(笑)」

小西さん「いや止めない方がいいかなって」

「パーカー、ツアー中寒くなると思って作ったんですけど....今日そうでもないよね」

「ニットキャップも作ったんだけど....まあそういうこともある、やっちゃったな」

小西さん「今回限定Tシャツを作ったんですけど」

後方お客さん「 \へぇ〜〜!/ 」

小西さん「(視線上げて)ありがとうございます」

小西さん「限定Tシャツ、静岡は.....」

女性のお客さん「\きいろー/ \きいろー/」

小西さん「.....黄色。」←ゴールドと迷ったらしい

グッズ紹介の間、ちょっと今はOFFみたいな感じで、猪狩さんがピックを口にくわえて(休んで?)いらっしゃるところを拝んでしまった^///^

〜いつもの〜

布ステッカーについて

「この前、高崎かな。『やっと右もらえました!』って人がいた(笑)」

「ありがとうしか言ってないんだけど。....ありがとう。」

「また来るよ。」