anonymoUS

found by U

2016-09-15から1日間の記事一覧

シュバルツナーゼ、世界樹と出会う

畸形の魚が綺麗だった 硝子越しに ただ見とれていた (プールサイド/ART-SCHOOL) オッドアイとかアルビノとか、性懲りもなく憧れてしまう。 生まれながらの歪みは魔性。異端であるからこそ美しい。 例えば、満点の星空を吸い込んだ瞳のフクロウが盲目だと…